ラジオニクス制作&オペレーター養成講座(上級講座)8月30日(金)10:30~
5cd255d80b921129400abc43 5cd255d80b921129400abc43 5cd255d80b921129400abc43

ラジオニクス制作&オペレーター養成講座(上級講座)8月30日(金)10:30~

¥124,200 税込

送料についてはこちら

本講座では、市場価格30~1200万円で販売されている「波動機器」と呼ばれる装置を制作し根本原理を学びます。 【ラジオニクス制作講座】 ラジオニクスの創成期に、ルースドラウン女史によって、標準化された9つダイアルの装置、それは現代でも使われています。  ・ウィットネスプレート  ・スティックパッド  ・9つダイアル  ・バランスダイアル これらを備えたラジオニクス装置を作りながら、その構造を学び、これをベースに応用発展させることもできます。 本講座では、実際にラジオニクスを制作し遠隔で重要なマグネットチューナーも製作し内蔵させます。 ■講座内容 1.はんだコテの使い方 2.はんだ付けのコツ 3.回路図の見方 4.ラジオニクス回路 5.マグネットチューナーの構造 6.ボリュームやジャックの説明 7.ペンチやスパナの使い方 【ラジオニクスオペレーター養成講座】 ラジエスセシアと言うのは生物を含む全ての物質から放射しているエネルギー、波動を利用して物質を探知したり、影響を与えたりする技術を指しています。ダウジングが探知を主としているのに対して、ラジエスセシアでは能動的な事もしています。 ラジエスセシアでは主に生体エネルギーや波動の操作を行い、特に医学ラジエスセシアと呼ぶ場合もあります。医学面だけではなく、ダウジングと同じように水脈や鉱脈などを探知したりできます。 つまり、ラジエスセシアは、ダウジングのより発展した形と考えてよいでしょう。そして、ラジエスセシアが器械化され、発展したものがラジオニクスになります。 ラジエスセシアは範囲が広く、「ホメオパシー」「ジオメトリー」「カラーヒーリング」「サイオニック」「花治療」などと関連があります。 既にご愛用いただいている方も多いと思いますが、協会オリジナル商品、思考の消しゴム「波動除去パッド」もラジオニクスの考えから派生した道具なのです。 本講座を受講では、市場価格30~1200万円で販売されている「波動機器」と呼ばれる装置の根本原理を学びます。 ■講座内容 1.ラジエスセシアの理論 2.ラジエスセシアの道具 3.ラジオニクスの歴史 4.バイオメーター 5.遠隔ヒーリング 6.ラジオニックカメラ 7.エイブラムス、ドラウン、デラワー 8.レートの構成と差率レート 9.練習法 ■受講資格 中級講座合格者 以上 【会場】 ■ 会場 :セミナールーム「LESSON」 ■ アクセス : 東武東上線「大山」駅 南口より徒歩8分 ■ 住所 : 〒173-0022 東京都板橋区仲町15-15      マイネ・グリューク 101号室 ■ 道順 : 東武東上線「大山駅」南口を出て、 ロッテリアを左折、 そのままハッピーロード商店街を進んで頂くと、 右手にマルハン、 100円ショップ、 アフラックが出てきます。 アフラックを右折し、 突き当りをT字路を左折、 学生寮沿いに進み、右折。 5件目が前方が会場になります。 (学生寮の正門前です。) 大山駅からは徒歩5~6分です。 【講師】 堤 裕司 (日本ダウザー協会 会長) 10歳の時UFOを目撃 ミステリーや精神世界に興味をもち、14歳の時にダウジングを知り体験する。 1984年  日本ダウザー協会を設立。        日本でのダウジングの普及とともに海外のダウザー協会とも交流を図る。 1989年  東進カレッジ・能力開発研究所主任研究員に任命され脳波研究をする。 1990年  TBS「たけしの頭の良くなるテレビ」に出演、ダウジングの実験を公開。        これ以降、テレビ、ラジオ、週刊誌などに多数取り上げられる。 1992年  ダウジングと科学的な測定機器による幽霊退治団体「ゴーストハンターズ」を組織        マスコミに多数紹介される。 1994年  イギリスで行われたインターナショナル・ダウジング・アソシエイション        (国際ダウジング協会)の設立会議に出席。世界のダウザーと交流。 現在     日本ダウザー協会会長、日本エネルギー医学協会理事をそれぞれ務める。        日本ダウジング界の第一人者 ◇ 著書   『驚異のダウジングⅠ』(太田出版)   『驚異のダウジングⅡ』(太田出版)   『驚異のダウジング(文庫 早分かり版)』(太田出版)   『ついに幽霊を捕獲した』(廣済堂出版)   『超意識の秘密』(知玄舎)   『マインドテクノロジー(上下)』(知玄舎)   『あなたもペットと話が出来る』(学研)(翻訳監修)  など